お金に関するお役立ち情報

塾のお礼 中学受験大学受験の相場は?現金かお菓子か?タイミングはいつがいい?

投稿日:

受験シーズン突入ですね。中学受験、大学受験とも受験シーズン真っ只中で、少し気が早い気もしますが、大学の場合、推薦など受験の方法が多様化していて、合格が決まるタイミングも分散しているように思います。

今回は、合格が決まったとき、塾や先生へのお礼をどうするか、現金がいいのかお菓子がいいのか、その相場はいくらくらいかなど、気になる点を管理人の体験も交えながらご紹介していきます。

塾へのお礼の相場は?

授業料を払って来たのだからという理由で特別金銭的なことはしないという方もいらっしゃいます。また、大手の塾などでは、基本的にお礼の受け取りは会社から禁止されています。

特にお金や金券は、服務規程違反になるので受け取れない決まりになっていると塾でスタッフをしていた知人から聞いたことがあります。こういった場合は、持っていってもかえって迷惑になるケースもあり控えた方がいいでしょう。

それでも個人的にお世話になった先生に、どうしても感謝の意を伝えたいという場合もあると思います。その場合の相場としては、蝶結びののし袋に3000~5000円ほどを包むという方もいます。表書きは「御礼」などとします。

だたし、3000~5000円では少ないといった意見もネット上でも見受けられることから、3000~5000円をお礼にする場合であれば、同等の金額で、菓子折りなどの方が、かえって遠慮なく受け取っていただけるかもしれません。

その場合には

  • 日持ちのするもの
  • 個包装になっているもの
  • 先生やスタッフさんの数に見合ったもの

を選んで、「御礼」の熨斗などをつけると、その気遣いも含め喜んでいただけそうです。

ちなみに我が家では、大手塾もほんの短い期間通いましたが、塾に御礼は特別しませんでした。退塾するために合格の報告に出向きましたが、かなり事務的に「おめでとうございます。」と小声で言われただけでした。

特別に御礼をするかしないかは、感謝の気持ちの表現ということでいいのかなと感じました。
(感謝していないということではありませんが・・。)

個人塾の場合の相場は?

個人塾の場合は、受け取ってはいけないといった服務規程などはないものの、先生方も御礼を期待しているわけでもありません。もし感謝の意を伝えるために、お礼がしたいということであれば、現金よりも商品券などが一般的です。

相場は3000~5000円と前述しましたが、個人塾の先生にお渡しする場合だと、個人的には3000~5000円ならかえって包まなくていいかと思います。

ここの金額は、お財布と相談して先生にどのくらいお礼がしたいのか、というところでかまわないと思いますが、1万円以下ではかえって失礼になることも否めません。包む場合は1万円以上が一般的と言えそうです。

我が家でも中学時代から5年間、お世話になった個人塾の先生に御礼に伺いました。デパートで5000円程の個包装の和菓子を購入し御礼の熨斗をつけて、子どもと2人で合格の報告と、お世話になった御礼ということでご挨拶に伺いました。

本音の本音の部分は人によりますし、わかりませんが、先生方(ご夫婦)は、長くがんばって通ったこと、こうやって親子で合格の報告に来てくれることが何より嬉しいと、満面の笑顔で喜んでくださいました。

御礼のタイミングは?

合格がわかったらすぐ!というのが本来ですが、合格のタイミングにより、他の生徒さん達も先生方もまだ受験モード真っ只中という場合もあります。

結果がどうであれ、本人は、真っ先に塾や先生に直接報告にいくのがやはり礼儀だと思います。

親は、まずは電話などで結果の報告やお礼を伝え、実際に出向くのは、全体の受験のスケジュールなどを勘案しつつ、先生に都合を聞いてから訪問するのがいいでしょう。

塾へのお礼のまとめ

  • 塾へお礼は必ずしも必要ではない
  • 結果にかかわらず、子供本人は報告とお礼に直接行くのが礼儀
  • 親子そろって合格の報告やお礼に出向くのが、何より喜ばれる
  • 大手塾は服務規程や慣習に配慮し、かえって迷惑とならないよう気をつける
  • お菓子折りなら3000~5000円の日持ちのする個包装で、数がたくさん入っているものを「みなさんで・・」と言葉を添えると、抵抗なく受け取ってもらえ、喜ばれる。

今回、塾にお礼に伺う機会があり、相場は?タイミングは?お礼はどんなものがいい?と疑問に思って調べたので記事にまとめてみました。

実際に、塾に結果の報告とお礼に出向いてみて感じたのは、やはり「親子揃って報告にいく」ということが何よりのお礼なんだなということでした。

今後を考える

子供の学費、教育費、塾関連費用など、子育て費用もどんどん拡大してきています。でも、親としては、経済的な理由で、子供の進路や夢の選択肢を狭めることのないようにしたい!というのも親ゴコロです。

今の時代、国の年金制度、健康保険制度などをみても、このままでは苦しくなるばかり。何かしら、手を打たないと、と漠然とした不安を抱えている人も増えています。

あなたはいかがですか?

こうした中、私は先を見越して何をしたら良いのか、と考えている人に向けて、無料のメールマガジンを配信しています。

選択肢のひとつ、解決策の一助として、あなたの人生のお役に立てればうれしいです。下記から無料で登録できます。

-お金に関するお役立ち情報

Copyright© シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.