貯蓄・投資

変額保険とは?メリット・デメリットを確認!貯蓄目的なら、変額保険・投資信託どちらが得か!?

投稿日:

最近よく耳にする、「変額保険」。名前は聞いたことあるけど、内容はわからないという方も多いので、変額保険のメリット・デメリットをわかりやすくお伝えしたいと思います。

そして、よく比較の対象になるのが「投資信託」。投資を始めたいけど、変額保険と投資信託どちらが得か?ということもよく話題にのぼります。

ここでは、変額保険と投資信託の違いを知って、どちらが得か?検証したいと思います。

ここ最近では、銀行マンや保険屋さんがこぞってオススメしている変額保険。銀行マンや保険屋さんが教えてくれないけど押さえておきたいポイントもお伝えします。

変額保険とは?

変額保険とは、資産を株式や債券を中心に運用し、運用の実績によって保険金や解約返戻金が増減する保険のことです。普通保険と違い、保障の要素だけではなく、投資と言う要素もある保険です。

これまで、販売されている多くの保険は定額保険でした。万一の時の保障も、満期金も、途中で解約した時の解約返戻金も、すべて契約をしたときに決まっているといういみで定額保険。

変額はその逆。全て額は決まってないのです。万一の時の保険金額も、満期金額も、途中の解約返戻金額も、すべて運用状態によって変化します。唯一決っているのは支払う掛け金だけです。死亡保障だけ最低保証が決まっています。

変額保険のカタチ!

変額保険は「終身型」「有期型」「年金型」があります。これは普通保険と同じで、契約時に選択が可能です。変額保険とはどんな金融商品化と言うと、「万一の時の保障」「投資運用」といった二つの性格を併せ持ちます。

この万が一の時の保障は、契約時に決めた保険金が最低保証として保障されているので、支払われるお金が増えることはあっても減ることはありません。投資運用の部分は、契約者が払い込んだ掛け金の一部で投資信託を買いつけていくことになります。

変額保険の特徴

変額保険で運用する投資先は、お客さん側で選ぶことが可能です。ローリスクなものからハイリスクといわれるものまで、自分の考えで投資信託を組み合わせることができます。これは投資信託を直接購入するときに似ています。

つまり、以前にお伝えしてきた長期分散投資が「変額保険」という保険商品の中で出来るのです。自分の考えでポートフォリオを組み自分の考えるバランスで運用することが出来ます。

また、保険自体の特徴として契約期間が長いことがあげられます。個別の投資信託は償還といって運用が終了になることがあります。変額保険には償還という設定はありません。

長い年月の間には、物価が上がるインフレが起こることも予想されます。そう考えると、定額の普通の保険では受け取る金額も解約返戻金も物価には連動しません。そういった意味で、インフレに対応できる変額保険は長期投資の優等生といえるでしょう。

変額保険のメリット・デメリットとは?

変額保険のメリット

  • 毎月の掛け金が決まってる。
  • ドルコスト平均法が強制的に実行される。
  • 保険商品の性格上、結果として長期運用が可能となる。
  • ドルコスト平均法、長期投資、分散投資という運用の基本があまり意識せずして可能になる。
  • 保障としては、定額保険より安く加入できることが多い。

変額保険のデメリット

  • 貯蓄・運用が目的で保険は必要ないという人にとっては、無駄なコスト(保障料)が含まれる
  • 途中で積立を休む、増額する、減額するなどの自由度が少ない。
  • 掛け金の中で、どれだけの金額が投資運用にまわっているか各保険会社は開示していない。

こうしてみてみると、メリットとデメリットは表裏一体であることがわかります。途中で休んだり引き出したり出来ないからこそ、長期間コツコツ継続できるとも言えますし、マーケットに翻弄されない代わりに、マーケットの好機に大きく儲けるという投資手法とはいえません。

変額保険と投資信託どっちが得?

最初に変額保険と投資信託は「同じベクトル」をもった金融商品です。変額保険の中身が投資信託で運用されているとなると、どっちがいいの?となりますよね。

結論から言うと、どっちが得かはある程度の期間を経てみないとわからないというのが結論です。ただし、ファイナンシャルプランナーである管理人は自分の経験からも、「変額保険」派です。

変額保険が投資信託より優位なワケ!

変額保険より投資信託が有利!という人の意見として

  • 変額保険は投資商品として、他の商品より投資効果で劣っている
  • 投資だと言いながら、保険加入させ、手数料でもうけている

というものがあります。実際、投資の手法としての「変額保険」を否定する金融マンは多いです。そして、言っていることは間違っていないんです。

デメリットの項で說明したとおり、死亡保障がついているので保障料が掛かっており、保障が目的でない人にとっては無駄なコストがかかっています。

わかりやすく言うと

  • 毎月1万円ずつ1年間で12万円積立て、12万円に5%の利子がつく
  • 毎月1万円ずつ1年間で12万円積み立てたつもりだけれども、保険会社のコストと保障料を引いたら運用に回る部分は6万円でこの6万円に5%の利子がつく

この2つは明らかに違いますよね。変額保険否定派の方の言うとおりです。

人はマーケットが下がった時にどんな行動をとるか?

投資信託も、変額保険もマーケーットの上がり下がりに反応します。投資信託は、積立額を変更したり、積立を途中でやめたり、売却したり自由度が高いことがメリットです。

一方、変額保険は

  • 毎月の掛金が一定
  • 途中で払込を中止できない
  • 解約したら、次に加入する時は年齢があがっているため保険料が上がる
  • 健康状態によってはもう入れない

などの理由から、マーケットの上下に対し、心理的に継続しやすいのです。

バブル崩壊のとき、多くの投資家はもうこれ以上損が広がるのは怖いから!と損したところで解約しマーケットから逃げ出しました。その結果大きな損を抱えることになりました。

ITバブル崩壊、イラク戦争、NYテロ、リーマンショック・・多くの人がこのタイミングで投資を辞めてしまっています。そこを耐えれば、戻すタイミングは必ず来るのに、恐怖に耐えられなくなる・・。人の心理ってそんなものです。わたしも同じ。

そういった意味で、投資信託と変額保険を比較して、投資手法として変額保険が劣っているとは思いません。むしろ、投資初心者の方が長期間かけて資産構築するにあたっては「変額保険」という選択はアリだと思います。

銀行マンや保険屋さんは教えてくれない変額保険のツボ

変額保険はメンテナンスが必要

実は、この変額保険には優秀な機能が付いていて、その機能を活用してこそ、最大限のメリットが享受てきるのです。

どこの保険会社の変額保険も

  • 繰入比率の変更(変額保険のリアロケーション)
  • 積立金の移転(変額保険のリバランス)

の機能がついています。この機能を活用せず、最初に契約したまま、1つの特別勘定にだけにしたままだとすると、マーケットが上がった時のメリットが享受できないとか、マーケットが下がった時のダメージを大きく受けてしまう、とかインフレに勝てる保険だったつもりがその機能がはたせない・・など残念な結果になりかねません。

でも、悲しいかな、銀行マンも保険屋さんもそこまで教えてくれないのが現状です。

一時払いを勧めてきたら疑ってみよ!

変額保険は前述の通り、一時払いも取扱可能なケースがほとんどです。もし、あなたにある程度まとまった資金があると知って「変額保険の一時払い」を勧められてるとしたら、本当にその営業マンが信用できるか疑ってみてくださいね。

というのも、変額保険のメリットが最大限享受できるのは、「ドルコスト平均法」「長期投資」「分散投資」を最大限取り入れたときです。契約の形でいえば、月払いの長期平準払いです。

もちろん、相場が極端に下がった場面での「一時払い」は利益を生むことはありますが、タイミングを間違えばそれは、「投資」ではなく「投機」です。

少額ではじめるのが基本!無理な掛け金を勧めてくるのは手数料目当て!?

もし、保険として必要なら、変額保険を追加加入してもいいですし、お金を殖やすだけが目的なら、積立投信をはじめてもいいでしょう。たとえばあなたが5万円の積立をしようとしているとして、月額保険料5万円を勧めてくる営業マンは危険です。あなたのライフプランを本気で考えてくれる金融マンを見つけましょう。

まとめ

  • 変額保険は保険金額が変動する保険のこと。
  • 変額保険は掛け金の一部で投資信託を買う仕組みの保険商品。
  • インフレに対応できる保険である。
  • 過去には販売手法に問題もあり、「大損」のイメージが払拭しきれていない。
  • 強制貯蓄、ドルコスト平均法、長期分散投資など投資の基本姿勢を自然に取り入れられる。

「変額保険」少しは身近なものになったでしょうか。

今日お伝えした変額保険を長期分散投資として考えるためには、個人的には「月払い」で「少額の掛け金」が変額保険のメリットを最大限に活かせる方法だと思います。

保険も付いてたら付いてたでメリットと感じる方なら長期分散投資の一手法として取り入れてみてはいかがでしょうか。さらに長期継続が難しい方なら、強制貯蓄の機能を活用してストレスフリーで資産構築が可能になるかもしれません。

変額保険のメリットを最大限享受するために、メンテナンスすること、正しいアドバイスをくれる担当者が必要な金融商品です。

変額保険は投資商品としての意味だけでなく、やはり「保険」としても意義があります。変額保険と投資信託、どちらを選ぶかは損得だけでない部分もあるかもしれませんね。

-貯蓄・投資
-,

Copyright© シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.