お金に関するお役立ち情報

貯蓄したい主婦の方必見!お金が離れていく間違った節約術7選!

投稿日:2017-06-22 更新日:

お金を殖やす、貯めるというお話しとセットで語られることも多い節約術。ネット上には、多くの節約術が存在し、もちろん信用できるものから出来ないものまで多種多様です。

節約しようと始めても、やり方を間違えると、節約のつもりがかえって出費が多くなってしまうということになりかねません。さらに、お金を守るためにはじめた節約のせいで、お金が離れていってしまうことも。

当たり前と思ってやっていた節約術で実は損をしているかもしれません。お金が離れていく間違った節約術7選お伝えします。意外にも、あっ!やってる!なんてことがあるかもしれません。早速みていきましょう。

貯金したい人こそ陥りやすい間違った節約術7選

①特売日のまとめ買い!いつか使うからと余分なものまで買ってしまう

節約のため、特売日を狙ってまとめ買い!なんてことはありませんか?他にも、ポイント◯◯倍!というのも魅力的ですよね。私もつい乗ってしまいます。

買いすぎて賞味期限が切れてしまったり、置く場所がなくて仕舞い込んで存在自体を忘れてしまったり。使い切れなくで捨ててしまうようでは折角の節約の意味はありませんし、食料品も日用品も、単価が安いので、重い物を一気に買ってしんどい思いをしても、思ったほどの節約になりません。

②家計簿をきちんとつけている人こそ要注意!収支合わせが目的に!?

家計簿をきちんとつけている人はもちろん収支の管理をきちんとしていこう!と思ってつけていると思います。が、意外に多くの人が、「収支を合わせること=ちゃんと管理ができている」と勘違いしてしまいがち。しかも、収支を合わせて満足してしまうというのはよくあることですね。

1円単位で収支を合わせることにこだわるのではなく、何にいくら遣っているのか把握し、無理無駄があれば行動を変えて無理無駄をなくすというのが本来の目的です。

ちなみに、管理人は月に1度「資産の棚卸し」をします。正直、家計簿は付けていません。月に一度、どの資産がいくら増えたか減ったかを書き出すだけで十分機能しています。

③光熱費はカード払いで、ポイントを貯めている→カード払いが得とは限らない

正直、私は知りませんでした。なんと管理人は払込用紙で払っています。

毎月支払うお金なら、口座振替よりはクレジットカードで支払ったほうがクレジットカードポイントはより多く貯まります。でも、電気代が1万円以下の人は、クレジットカードで支払うよりも、口座振替のほうがお得なことがあるんだそうです。

実は、電力会社やガス会社には、口座振替だと1カ月当たり54円の割引があるところが多いのです。その場合、クレジットカードのポイント還元率が0.5%なら電気代が1万円以下、還元率が1%なら電気代が5000円以下ならクレジットカード払いよりも口座振替がオトクになります。

カード払いがポイントが貯まって得!は思い込みの場合もあるんですね。

④「自分の小遣いは0円」という人ほど遣っているかも!?

ファイナンシャルプランナーとして家計の相談をさせていただくときに、「自分のお小遣いは0円」ですって言われる主婦の方がいらっしゃいます。

旦那さんのお小遣い5,000円です!という場合も同様ですが、本人はお小遣いゼロで、とても頑張ってると思っているんですが、美容院代・化粧品代・ママ友とのランチ代・ちょっとした趣味のお金・・・など、意外と、ある程度好きにお金を遣っているんですね。

お小遣いいくらと決めて、その範囲に収めようという意識を持っている人より、「小遣いゼロ」は実は、自分が好きに使っているお金を意識していないだけの可能性があるのです。

旦那さんのお小遣い5,000円もそういう意味ではちょっと怪しい。変な意味ではありません(笑)年末調整か、団体保険の還付金か、実は元々ちょっぴり自由になるお金を確保しているか・・。いずれにしても、本当に5,000円で過ごせていることはないと思った方がいいですね。

⑤食費の節約!→体調を崩して大出費!orストレスで外食して大出費!

実はこれは、経験があります。体調を崩したことはまだありませんが、ランチ代を節約と思って自分の食べたいメニューでないものを注文したり、無理してお弁当にしてみたり・・。でもその反動で、「いつもは我慢してるから今日だけは・・」などと理由をつけて結局節約になってないなんてことが多いです。

節約と聞くと、毎日の食費を減らそうと考える人が多いですが、実は間違いで、健康を害したり、ストレスが貯まってはもともこもありません。食費で節約は、特に女性が真っ先に思いついてしまう項目です。でも努力したほどの効果が出にくい部分です。

⑥節約のために行くべき飲み会に行かない!→人脈は金脈かも

飲み会に限らず、ランチ会でもお茶会でもそうですが、投資的飲み会と浪費的飲み会の判断基準はしっかり持って取捨選択すべきところです。

憂さ晴らしやストレス解消(うーん、でもこれも時には必要かもしれませんが)でなんとなく浪費してしまう飲み会なら、別のストレス解消法を見つけるののいいですね。

前向きな情報交換やビジネスに繋がる人脈作りのきっかけになる飲み会にする気持ちで参加するなら、節約=飲み会にいかない!はマイナス!節約どころか、大きな収入のチャンスを逃してしまうかもしれません。お金が離れてしまうやってはいけない節約です。

⑦節約のために趣味やスキルアップを辞めた

「お金を貯めること」が目的になると、お小遣いや趣味、レジャーにスキルアップなど、楽しみのためのお金をケチる傾向になります。

ケチと節約はぜひ区別して!自己投資と浪費も違います。自己投資をしてお金を遣って、スキルアップして収入がアップするならそれは節約すべき部分ではないですよね。

趣味も同じ。実は趣味を活かしたり発展させたりしてビジネスに発展させられる可能性は高いのです。好きなこと(趣味)がビジネスになり収入になるということも大いに有り得るので、節約のために趣味やスキルアップを辞めるのはやはり本末転倒、間違った節約ですね。

まとめ

貯蓄願望が強い人ほど陥りやすい、間違った節約術を7つのポイントでお伝えしてきました。それを踏まえてこうすれば節約できる、貯蓄できる、お金に好かれるポイントは

  • 買いだめは1ストックのみ。必要な時に必要なものだけ買う習慣を身に付ける。
  • 家計簿は収支合わせよりも、見直しを大切に。見直したら行動も変えてみる。
  • 光熱費1万円以下は、口座振替がオトク。
  • お小遣いは金額を決める。
  • 食費の節約は効果が低い
  • 投資的飲み会と浪費的飲み会の判断基準を持って人脈作り
  • 趣味も自己投資も将来のお金を生む可能性あり。節約のために辞めるは逆効果。

間違った節約というのは、お金が貯まらない節約と、人間関係や健康を破壊してしまう節約に大別されます。どちらも、節約になっていないばかりか、いらぬ出費につながったり、収入を得るチャンスを逃したり、お金が逃げていく間違った節約です。

思い込みや、習慣化されてるものもあるので、この機会に一度は見直してみてもいいかもしれません。

個人的には、美味しいもの食べて心が満たされ充実して、投資的飲み会でよい出会いの機会を得て、しっかり自己投資してしっかり儲ける!が性に合ってるんですけど、賢く節約は必要ですね。

いっしょにがんばりましょう♪

-お金に関するお役立ち情報
-

error: Content is protected !!

Copyright© シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.