お金に関するお役立ち情報

自動車保険の特約!必要な特約とオススメ加入方法はコレ!

投稿日:

自動車保険、最近はネットで加入できるもの増えています。ネットだと安く加入できるケースが多いことから見直しの際にネットでの加入も検討する方が増えています。

特約もいろいろあって迷うところですが、ここでは、検討すべき必要な特約と、安心なオススメの加入方法についてお伝えしていきます。

自動車保険は大別すると、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。この違いから確認しておきましょう。

自賠責保険とは?!

「自賠責保険」とは、「自動車損害賠償保障法」によって加入が義務付けられている保険で、あらゆる自動車が加入しなければならず、「強制保険」とも言われます。

また、違反者には厳しく、自賠責保険に加入せずに自動車を運転すると「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」「免許停止処分(違反点数6点)」、自賠責保険証明書を車に備え付けていない場合は「30万円以下の罰金」という処分が下されます。

「自賠責保険」の補償は、相手方の身体に関する損害にしか適用されません。相手方の身体に関する損害の補償額には上限が定められており、損害額が上限を超えてしまった場合は自己負担となります。

任意保険の役割は?

いざ、自動車事故が起こってしまうと、相手方の車や民家の塀を壊してしまうこともありますし、自分がケガを負ったり、最悪の場合、亡くなってしまうことだってもあります。

また、重大な人身事故を起こしてしまうと、相手方への賠償金が多額に上るケースもあり、自賠責保険の補償上限額を大きくオーバーしてしまうことだってあるのです。

「任意保険」とは、このような自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償する保険です。

事故を起こしてしまうとお金では解決できない精神的な苦痛も受けてしまします。以前にも書きましたが、保険では精神的なものを保障することはできません。また、相手のある事故を起こしてしまった時は、相手の精神的苦痛もあるのでなおさらです。十分な注意をしての運転が必要となります。

4eb00033b74b19e1f851f3940ed6b0a0_s

以下に任意保険の主な補償をあげておきます。

  • 対人賠償保険(相手方への補償)
  • 対物賠償保険(相手方への補償)
  • 人身傷害補償保険(自分・搭乗者への補償)
  • 搭乗者傷害保険(自分・搭乗者への補償)
  • 無保険車傷害保険(自分・搭乗者への補償)
  • 自損事故保険(自分・搭乗者への補償)
  • 車両保険(車への補償)

人身傷害補償とは

「人身傷害補償」は近年になって発売され、今では主流となっているもので、それ以前は「搭乗者傷害」と「自損事故傷害」補償が主流でした。これら3つは、自分の車両搭乗者の死傷に対する補償です。根本的に補償してもらえる金額や支払方法が共に異なっていると言えます。

搭乗者傷害と自損事故傷害の違いとは

「搭乗者傷害」と「自損事故傷害」は定額支払い方式で、相手方の無い事故では「自損事故傷害」が適用され、相手車両がある事故は「搭乗者傷害」が適用されます。どちらの特約も、死亡時何千万円・入院は1日に付き何千円・通院は1回何千円というように、規定の額が支払われます。

車対車の事故

車対車事故の場合は、まず双方の過失割合を決定してから各社が補償の支払を行います。この2つの特約のデメリットは自損事故・対車事故でも自分の過失割合が多い場合に、死亡や重度障害など大きな損害を被ると、これらの定額支払では医療費・遺族補償は大幅に不足してしまいます。

車対車の事故では、双方の過失割合決定後に支払が行われるので、示談交渉が難航すると過失割合決定までは支払を受けられず、自腹で治療費などを賄わなくてはなりません。また、相手方との折り合いがつかず、示談交渉が長引いてしまうと高額の治療費を何年も自分で支払っておかないといけないケースも多々あります。

必須の特約とオススメ加入方法は?

「自動車保険の特約」とは一体何を指すのでしょうか?

自動車保険(任意保険)は、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「車両保険」などの複数の保険がセットになった基本補償と、それに追加的な補償サービスである特約で構成されています。

  • 自動車保険=基本補償+特約

必要でオススメは人身傷害補償特約!

人身傷害補償特約とは、事故により身体に損傷を受けたことで治療した場合、過失割合決定を待たずに必要額が受取ることが出来ます。

定額制の支払方法ではなく、その人の「逸失利益」を計算し契約限度額まで支払われます。逸失利益とは「その人に万が一があったことにより失った経済的利益」のことで、これは、治療費・休職(万が一・退職)によって失った収入・遺族の精神的苦痛などをすべて加味して計算されます。

67eb06334baed876fd08e816f828bf44_s

このようなことから、「人身傷害補償」は優れた自動車の補償と言うことが出来ます。実は、その分保険料は高くなりますが、安心も大きくなったと言えると思います。また、契約の仕方によっては「被保険者とその同居親族」範囲は、歩行中の自動車事故に対しても「人身傷害補償」が適用される、というのもあります。

実は、「搭乗者傷害」と「自損事故傷害」の特約は扱わなくなり、「人身傷害補償」の特約だけ扱う損害保険会社も多くなっています。

ポイントとしては・・・

  • 「人身傷害補償」の特約だけにするのか?
  • 「搭乗者傷害」と「自損事故傷害」の特約だけにするのか?
  • その両方にするのか?

を選ぶことになります。

もちろん、付加しない選択肢もありますが、先ほども言ったように付加することで安心を大きく持っていただきたいと思います。

オススメ特約「弁護士費用特約」

契約者が運転していて事故を起こすと、基本的には損保会社が相手方との交渉にあたります。しかし、事故が起きても損保会社が相手方と交渉してくれないケースあります。

それがいわゆる「もらい事故」の場合です。例えば信号待ちで停車していたところに後ろから追突された場合などがこれにあたります。もらい事故の場合、100%被害者側であるために損保会社は保険金を支払う必要がないため、事故の当事者ではないという考え方です。

しかし、専門的な知識や示談交渉の経験が乏しい契約者自らが相手方と損害賠償の交渉にあたるのは不安ですし、時間と労力がかかります。

そんな時に使えるのが「弁護士費用特約」です。この特約があれば、もらい事故の場合でも弁護士に代理交渉を依頼することができます。

特約料は年間数千円程度ですので、法律や事故解決に自信が無い方には特に必要な特約です。

オススメ特約「対物超過修理費特約」

例えば先程のもらい事故のケースで、車の修理費が50万円かかった場合、通常であれば相手方の入ってる損保会社から50万円が支払われます。

しかし、場合によっては30万円しか支払われないケースがあります。どういう場合かというと「時価額」が30万円と査定された場合です。

修理費が時価額を上回ったケースは「経済全損」といい、法律的には時価額までの補償で良いこととなっているのです。こうしたケースは「全損案件」と呼ばれ、損保会社の社員も担当するのを嫌がります。

被害者側からすれば修理費が全額補償されないのはおかしいじゃないかとなり、交渉がもつれてトラブルになりやすいからです。

そんな場合に役立つのが「対物超過修理費特約」です。この特約があれば、時価額プラス50万円まで賠償額を上乗せすることができ、トラブル回避に役立ちますし、実際経済的負担もなくて済みます。

この特約も保険料は数百円~二千円程度(等級により変動)なので、ぜひつけておきたい特約です。

まとめ

  • 自賠責保険とは
    • 相手方の身体に関する損害を保障するもので、あらゆる自動車が強制的に加入する保険。
  • 任意保険の役割は?
    • 自賠責保険でカバーしきれない部分を補償するもの。対人、対物、車両それぞれに保険金額を設定する。任意とはいいつつ、車を運転するなら必ず必要。
  • 任意保険の特約である「搭乗者傷害」と「自損事故傷害」、「人身傷害保障特約」の違い。保険料の差は補償内容の手厚さの差と心得て安心な保障を選ぶ。
  • 加入の仕方の3つのポイント
    • 人身傷害補償特約のみ加入
    • 搭乗者傷害特約と自損事故傷害特約のみ加入
    • その両方に加入。
  • 自動車保険の基本補償に追加する特約は「弁護士費用補償」と「対物超過修理費特約」の2つが必要でオススメ

たくさんの特約があり、なんとなく見ると迷ってしまいますが、そもそも保険の本質は「貯蓄だけではまかないきれない大きな損害に備える」ことにあります。

自動車保険は自分の保障だけでなく、相手の身体と相手の物に対する補償です。年間数千円を節約しようとして、いざ事故が起こった時に思うような補償が受けられないということがないようにしたいものです。

また、事故が起きてしまってから、思っていた内容と違うということがないように、一度は確認してみてくださいね。そして保障がいくら充実していたとしても、やはり事故は起こしたくないものです。あなたが車を運転される方なら事故のないよう安全運転を心掛けましょう。

-お金に関するお役立ち情報
-

Copyright© シングルマザーFPがネットビジネスで資産構築 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.