お金に関するお役立ち情報

シングルマザーの保険加入おすすめはコレ!最優先は学資保険じゃない!?

投稿日:

family-insurance-1316543_640

皆さんは、生命保険に加入していますか?そもそもシングル家庭の保険と、両親と子ども二人みたいな家庭と入る保険は一緒でいいのかどうか?我が家もシングルなので、シングル家庭の保険にフォーカスして検証してみます。

シングルに限りませんが、子どもが生まれたら学資保険!とネコも杓子も学資保険に加入していたのは一昔前。現在のシンママの親世代よりもっと前、予定利率が高く、100万円掛けて200万円受け取れる・・なんて時代の産物かもしれません。

昨年以降は予定利率もみるみる低下し、現在は学資保険、こども保険という名の貯蓄性保険は軒並み売り止め、もしくは長期間お金が固定される割にはほどんど増えない商品ばかり・・。

保険で貯蓄がオススメできない今、シングル家庭だからこそ、真っ先に準備すべき保険についてお伝えします。

シングル家庭の保険加入いったいどうしているの?

シンママ友達と話をした中で多かったのは、県民共済やCOOP共済ですね。そもそも「共済」なので、生命保険とは違いますが、ここでは保険のお話に混ぜさせてもらいますね。

月々1000円、もしくは2000円で、入院保障、万が一の保障、賠償責任保険まで、コストを抑えつつ、比較的広範囲な保障になっていて利用しているシンママも多いのでは?

地元の県民共済の人気NO1となっていた「総合2型」月掛け2000円タイプ

  • 事故入院    5000円/1日
  • 病気入院    4500円/1日
  • 交通事故万が一1000万円
  • 病気万が一   400万円

という保障内容です。パッと見、確かに手ごろな掛け金であれもこれも保障がついてるように見えるのですが、もう少しリアルに想像してみてください。

本当に万が一があったら・・と本気で想像してみて!

お母さんであるあなたに本当に万が一が起こって子供ひとり、もしくは兄弟で遺されるという状況のなか、400万円で子供たちの教育資金や、住居資金、生活費、そもそも自分のお葬式代。これらがまかなっていけると思いますか?

我が家もそうですが、子供が18歳まで「〇〇市ひとり親家庭等医療費補助条例」に
基づく制度により、医療費は無料です。(注)18歳(18歳に達する日以後の最初の3月31日まで)以下のもの(この補助条例は各市町村によって異なりますのでご確認ください。)

でも、親の万が一の時はどうなるでしょう?持ち家で、住宅ローンを組んで団体信用生命に加入してれば、住むところは確保できるかもしれません。でも今、賃貸で住んでいるとしたら、ママが亡くなった以降、住む場所は?

教育費はどうでしょうか?公立幼稚園から始まってすべて公立でも大学進学までで総額は839万円というデータがあります。(文部科学省平成26年度子供の学習費調査より)

もし、遺されたお金が先ほどの400万円だけだったとしたら、大学進学はもちろん、高校進学すら難しい状況になるかもしれません。

それ以外に、当然その子の生活費が必要ですよね。遺族年金という制度はあるにしても、厚生年金に加入していたとしても子供1人だと約11.7万円。国民年金加入者では子供1人だと8.3万円です。この金額で、住居費、生活費、教育を賄うことは到底無理と言わざるを得ません。

シングルマザーが最優先で準備する保険はコレ!

保険会社は少しづつ特徴もあり当然保険料も違うので、ここではごく一般的な例としてあげてみますね。

30歳女性 子供0歳 2歳の二人の母子家庭として、お母さんの万が一のとき子供たちが遺族年金とは別に毎月10万円受け取れたらどうでしょうか?

遺族年金と合わせると月に約18万円ほど。それが、末の子供が30歳まで(ママの年齢で60歳まで)毎月受け取れたとしたらどうでしょう?

もちろんママがいないということは、子供にとってお金には代えられない気持ちのダメージがあると思います。でも生きていくためにはお金もどうしても必要ですよね。いま、お母さんが頑張って働いてもらっている収入と比べてみてどうですか?

実はこの保険の保険料は、約1800円。(保険会社や条件によって若干異なります。)

これがあれば、少なくとも、生活に困って食べることもできない・・・というような状況は回避できると思います。

まとめ

ときどき、お母さんの死亡保障も医療保険もまったく準備がないのに学資保険(こども保険)に加入して、月に5000円とか10000円とか、がんばって掛け金を捻出しているママもいますよね。

子どもの教育費の準備のため。目的ははっきりしているし、ほんと頑張ってる。

だからそのママを応援したいんだけど、ファイナンシャルプランナーでありシングルマザーの管理人としては、アドバイスをするとしたら、学資保険の積立を3千円減らしてでも、先ほどのように、掛け捨てでいいので、万が一の保障を準備しておいてほしいと思います。なにより、大好きな子どもたちのために(^.^)

保険のお話し、相談できるとこがないな~ってシンママは、気軽にメールしてみてくださいね。

いっしょにがんばりましょう♪

-お金に関するお役立ち情報
-,

Copyright© シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.