貯蓄・投資

FPが選ぶ人気上昇中の変額保険とは?女性にも簡単に分かりやすく解説! ソニー生命とアクサ生命の評判と運用成績や運用益を比較しチェック!~前編~

投稿日:

こんにちは。2017年4月に入って「変額保険」という言葉を、よく耳にするようになりました。しかし、まだまだ「変額保険」って何?という方も多いかと思います。そこでこれから、変額保険を簡単に分かりやすく解説していこうと思います。

そして、なぜ変額保険が人気となっているのか?についても考えていきます。さらに、変額保険の販売では中心的会社のソニー生命とアクサ生命の評判や運用成績や運用益もチェックし、参考にしていただけたらと思います。

一時、ソニー生命の世界株式が大人気となった時期がありました。選ぶ会社や商品、そして運用方法と受け取り方などについてもアドバイスできたらと思います。

変額保険は、一般の保険と違い少し複雑なため前編と後編に分けてお話していきます。前編では変額保険の仕組みや特徴、そして使い方について、そして、後編では、具体的な会社商品をもとにお話ししたいと思います、参考にしてくださいね。

現在の貯蓄のための環境は?!

現在は、マイナス金利の時代と言われているのをご存知ですか?2016年2月、日本銀行がマイナス金利政策の導入をしたことによるものです。これによりわたしたちはどのような影響を受けるのでしょうか?

メリットとしては・・・

  • 住宅ローンや自動車ローンなどお金を借りる金利が安くなった。
  • ということで、自動車産業や不動産産業は好調に。
  • 日本円を保有するより外貨の方が金利水準が高いので、外貨を持つ人が多くなり円安に振れた。

ディメリットとしては・・・

  • 預金金利の低下。

元々ゼロ金利政策をとっていたので、「預金金利が今さら低下してもあまり影響ないよ」と言われる方もいらっしゃいます。確かに大きなお金があれば別ですが影響はあってもごくわずかだったかもしれません。

三井住友銀行の普通預金金利が「0.02%」だったものが2016年2月16日を境に「0.001%」へと変更になっています。(三井住友銀行ホームページより)

しかし、1年が経った2017年4月現在、マイナス金利の影響で、生命保険の予定利率の見直しが各社で行われており、それまで貯蓄性商品として売られていた円建ての生命保険がほぼ絶滅状態(売り止め等)。氷河期の恐竜を思わせる状態になっています。

そこで、貯蓄・資産運用の商品として白羽の矢が立ったのが「ドル建て保険」や「変額保険」。各社こぞって、外貨建て保険、変額保険を推奨しています。

『変額保険とは?』簡単にわかりやすく!

一般には保険金額が変額し,場合によっては保険料も変額する生命保険をさす。長期性を有する生命保険契約においてはしばしばインフレーションによる保険金の実質価値の低下に見舞われるため,所期の経済的保障が達成できない場合が起りうる。そこで集積された保険料が形成する保険資金を有価証券,不動産などの比較的収益性の高い資産に投資し,その投資成果を保険金に反映させて給付することによってインフレーションによる保険金の実質価値の低下を相殺しようとするものである。ただし,保険金額は増額することも,減額することもありうる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について

百科事典でいいうと、こういう説明になります。このブリタニカさんの百科事典の場合公平に書かれています、しかし、中には百科事典と言えど、ネガティブな要素を誇張した表現の多い辞典もあります。決してネガティブなものではない事を言っておきます。

変額保険とは、一言で言うと資産の運用実績に応じて保険金・年金額・解約返戻金が変動(増減)する保険です。つまり、運用の実績によっては、将来受取れる金額が変わってくるものであると言えます。

保険料の一部が特別勘定というファンドで株や債券などで運用され、その運用実績によって保険金や解約返戻金の金額が増減します。ただし、運用が良くなくても死亡保険金は下がりません。保険料は比較的一般な保険よりも割安で設定されています。

変額保険の特徴

変額保険は、貯蓄商品として使うにもリスクがあり、必ずしも順調に資産が殖やせるとは限りません。しかし、変額保険の使い方を自分で理解してうまく活用すれば、とても便利な保険になります。上手く活用するためのポイントを案内します。

  • 最低額の保障しかないが安定した保険金がもらえる・・・変額保険は死亡保険金の最低金額が保証されています。これは、各保険会社が定めている最低保険金を、人は必ずなくなるので、亡くなられた場合は必ず受け取ることができるということです。
  • 投資・運用も期待出来るがあくまで保険・・・変額保険は、保険の中では投資性があり、投資に向く保険ではありますが、従来の保険機能に投資性プラスされているだけなので、投資信託などと比べると投資性は弱いといえます。

投資信託と変額保険の違い

投資信託とは、投資を目的にしている人たちからお金を集め、まとまった資金にし、投資の運用のプロであるファンドマネージャーが株式などに投資して、その投資によって生まれた利益を投資してくれた人に分配する仕組みです。

基本的な仕組みは、変額保険も一緒ですが、変額保険には保険機能があるので運用としてみれば効率は投資信託の方が良いと言えます。従って、運用第一に考えるのであれば投資信託と言うことになります。

しかし、運用益もそこそこ期待する程度で、リスクも少ない方が良いというのであれば、保険機能を含めた変額保険を活用した方が良いということになりますね。

目的が純粋にお金を増やすだけの場合は、投資信託の方がお勧めです。変額保険は投資目的ではなく、保険としての機能を果たすのが目的なので、いわゆる保障料などの保険としての金額が発生します。純粋に投資だけであれば投資信託の方がお勧めと言えます。

変額保険の種類とは?

変額保険には「終身型」「有期型」「年金型」などの種類があります。生命保険会社によってその仕組みは異なるので必ず加入されるのであれば確認してから加入してください。

  • 変額終身保険・・・保障が一生涯続く保険。一般終身保険と保険の基本形は同じ。運用によって保険金が変動するのが特徴。
  • 変額有期保険・・・保険期間が一定なのが有期保険。一般の保険の方では定期や養老と同じような形と言えます。こちらも、運用によって保険金が変動するのが特徴。ただし、保険の終わりが決まっているので、運用が悪い時期が保険の満期に重なってしまう可能性あり。注意が必要。
  • 変額保人年金保険・・・運用実績によって年金支給額が変動します。この保険の場合も、保険の終わりが決まっているので、運用が悪い時期が保険の満期に重なってしまう可能性あり。注意が必要。

変額保険を利用した相続対策とは?

一般的に、生命保険を利用した相続税対策というお話は、聞かれたことがあるかもしれません。生命保険の非課税枠を利用した相続対策のことです。これが、変額保険の場合も利用できます。

生命保険の非課税枠の利用とは

多額の相続財産を相続する場合には、高い相続税を支払わなくてはなりません。資産家やお金持ちの多くは生命保険を利用した相続対策をしている人が圧倒的に多いです。

相続税には非課税財産として、生命保険金のうち、500万円×法定相続人の数に相当する額という規定があります。これを利用して相続税対策をしようというものです。

これを一般保険でなく、変額保険を使うことで一般保険より安い設定のため、有利になるということが言えます。

まとめ

変額保険を理解していただけるよう、お話してきました。簡単にまとめると、保険でお金を貯めていくときに登場するのが変額保険です。変額保険は運用によって保険金額や貯まっていくお金(解約返戻金)が変動します。

貯蓄で使うときには運用リスクがあるのでハイリスクハイリターンと言えます。ただし、死亡保険金額が最低保障されている、保険料が比較的安いなどを変額保険の特徴を利用して有効に使うことができます。

今回は、変額保険の持つ特徴と活用法をお話しました。変額保険は一般の保険に比べるとリスクが高く敬遠されがちですが、使い方によっては有効に活用できる商品なので是非参考にしてください。

-貯蓄・投資
-

Copyright© シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.