インターネットビジネス Google Adsense

グーグルアドセンス広告をブログに貼る!プラグイン「WP QUADS」がオススメ!

投稿日:2018-03-10 更新日:

アドセンス審査を通過して、さあ広告を貼るぞ!となったとき、プラグインを使うと貼りたい位置に簡単に貼ることができます。

以前は「Quick Adsense」というものをよく利用してましたが、すでに数年前から更新が止まっているようで、現在は「WP QUADS」を利用しているひとが圧倒的に多いですね。(とはいえ、私は1つのサイトは「Quick Adsense」を利用しています。)

ここでは、アドセンス広告を初めて貼るという方向けに、広告コードの取得から、貼り方までを解説します。

グーグルアドセンスの広告コードを取得する!

広告コードを取得するには、グーグルアドセンスのサイトに飛んで、グーグルアカウントで、「ログイン」する必要があります。

ログインしたら、画面左にある「広告の設定」をクリック!

↓↓↓

画面が広告ユニットに変わるので「新しい広告ユニット」ボタンをクリック!

以下の画面に遷移するので、「テキスト広告とデイスプレイ広告」を選択!

「新しい広告ユニット」の画面を以下のように入力します。
↓ ↓ ↓

  • 名前:名前(サイト名orURLなど。どこに貼るかも入力しておくと貼る時にわかりやすい)
  • 広告サイズ:自動サイズ/レスポンシブを選択

そこまで入力したら「保存してコードを取得」ボタンをクリック!

「広告ユニットを作成しました。」の表示が出て、「広告コード」は取得完了。

あとは、広告コードを選択して、右クリック、コピーでコードをコピーしてサイトに貼り付けるという手順になります。

WordPressプラグイン「WP QUADS」のインストール

ではここからは、広告コードをサイトに貼り付ける手順です。プラグイン「WP QUADS」をインストールします。

  • 1. wordpressの管理画面 > プラグイン > 新規追加
  • 2. WP QUADS で検索し「いますぐインストール」でインストール
  • 3. インストール後は「プラグインの有効化」をします

「今すぐインストール」をクリック!

↓↓↓

インストールが済んだら「有効化」をクリック!

以上でインストールは完了です。続いて設定に進みます。

WP QUADS の一般設定

wordpressの管理画面 > WP QUADSS で設定していきます。

「WP WUADS」をクリック!
↓↓↓
以下の設定画面に遷移します。

  • ① 表示する広告数
    Unlimited(制限なし) でOK
  • ② End of Post(記事の終わりに広告を入れる)
    Ad3にして、チェックを入れる
  • ③ right after the <!– more –>タグ
    Ad1にして、チェックを入れる
    (moreタグ直後に広告を入れる)
  • ④ 広告表示する箇所
    変更なしでOK(全てにチェックを入れておく)
  • ⑤ 広告を表示する記事の種類
    post だけでOK
  • ⑥ Show Quicktag Buttons on the HTML Post Editor
    チェックを入れておく
    (チェックを入れると、ビジュアルからテキストに切り替えると広告ボタンが表示される)

ここまで入力したら、「変更を保存」をクリック!

広告コードの設定

続いて、同じ設定画面でタブ「ADSENSE CODE」をクリックして、実際の広告コードを設定します。

下方の「Ad1」, 「Ad2」, 「Ad3」 に広告コードを設定していきます。以前は1記事に広告は3枚までなど枚数の上限が決まっていましたが、現在その上限は撤廃されているので、必要に応じて「Ad4」「Ad5」と設定していきます。

  • 「Ads1」が、moreタグ直後の広告コードの入力箇所
  • 「Ads2」が、記事本文中の広告コードの入力箇所
  • 「Ads3」が、記事の終わりの広告コードの入力箇所

ではまず1つ、設定していきましょう。

「Ad1」をクリックすると、上記の設定画面が表示されます。

「Plain Text / HTML / JS」を選択し、広告コードを設定します。

  • ①「Plain Text / HTML / JS」を選択
  • ② 広告コードの設定
  • ③ レイアウトは中央を選択
  • ④ Margin(広告回りの余白)は15

「Ad2」, 「Ad3」「Ad4」・・ も同様に設定します。最後に設定画面の一番下にある「変更を保存」をクリックして完了です。

収益性の高い広告配置とは?

この広告ユニットを記事本文中に3つ設置するのが、もっともクリック率が高く収益性も高いです。本文中の設置する箇所は、

  • 「MOREタグ」の位置
  • 記事本文中の任意の場所
  • 記事本文の直下

の3箇所です。アドセンス広告は、ただ設置するだけであったり、数多く設置すればいいというわけではなく、きちんと効果が見込める広告を適所に配置することが大切です。

今回のまとめ

  • 広告タイプは「テキスト広告とディスプレイ広告」
  • 広告サイズは「自動サイズ/レスポンシブ」を選択
  • アドセンス広告を貼るワードプレスのおすすめプラグインは「WP QUADS」
  • インストール、有効化して、Ad1, Ad2, Ad3 などを設定するだけ
  • 記事の中に入れたい場合には、手動で入れる

記事の中にも自動で広告を入れられますが、意図しないところに広告が表示されてしまった場合、アドセンスのポリシー違反になってしまうことも考えられます。

記事の中は、読者から見て自然なところ、問題ない箇所、アドセンスのポリシーに違反しない箇所を確認して手動で入れる方が安心確実です。

記事を書き終えたら、PCと、スマホで広告がどう表示されるか、都度確認するようにしましょう。

-インターネットビジネス, Google Adsense

Copyright© シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.