マインド

リフレーミングの偉大な力を味方につけて成功しよう

投稿日:

こんにちは、NAOです。

起こった現象に対して、見るフレームが変われば、その現象は、あなたを成功から遠ざけることになったり、反対に成功を加速化させたりします。

  • あなたを成功から遠ざける
  • あなたの成功を加速化する

あなたならどちらを選びますか?

24時間の中で、たくさんのことが起こっては過ぎ去っていきます。1年では、その365倍。数年経てば・・・莫大な数の事象が起っているのです。

 

この莫大な数の事象の多くがあなたを成功から遠ざけるのか、それともあなたの成功を加速するのか?この差を想像するだけでも、どちらの人が成功し易いかは容易に想像できますね。

 

もしあなた自身が「この事象への影響」をコントロールできるようになれば、成功率は上がり、成功は加速します。自らが人生をコントロールするイメージです。

 

例えば・・
1日に30個の事象が起こるとすると、年間1万の事象があなたの身に起こることになります。

 

この1万のうち、7000があなたの成功を後押ししてくれるエネルギーを生み出したら・・・逆に7000があなたの成功を邪魔したら・・・

 

もし7000回『◯◯さん、いいね~!素晴らしいと思うよ!』って、一番大切で影響力のある人に言われたら・・・

 

逆に、もし7000回『◯◯さん、だめだね~!本当に、いけない』って、一番大切で影響力のある人に言われたら・・・

前者では、なんだかパワーが沸いて成功を掴み取るイメージが湧きませんか?反対に後者の場合は、想像しただけでもめげてしまいそうです。

 

実は、この一番大切で影響力がある人こそ、あなた自身なんです。

 

【物事が起こった時、自分にどんな気持ちでどんな言葉をかけるか】

 

これをコントロールするテクニックに、リフレーミングというものがあります。

リフレーミングとは、起こった現象について、フレームを変えてみると、そのとらえ方が変わるという考え方です。

 

何か出来事が起こったときに、自分でフレームを変えてみるとそれに対する気持ちや感情が変化し、自分にかける言葉も変化します。

 

例えば・・・成功に向けて行動したにもかかわらず、結果が予想を下回ったとき。

 

「あー失敗した!やっぱりダメだ!何をやってもダメ、もう無理」と思うのと、

「よし、いい経験をしたぞ。うまくいかない原因を一つ消去できた!思った結果にするためには、やり方を変えるか、もっと経験値を上げてから同じやり方をするか・・・じゃあやってみよう!」

どちらの声がけが、より成功に近いと思いますか?

 

予想していたことを下回った結果だったとき、その現象を「失敗」として、「自分はダメ」と自分に声がけをする人と、その現象を「経験・練習」として、成功するために次に何をするか脳内会議をする人と・・・

 

後者は、成功に向かう道のりで、何かやり慣れていない行動を1回体験したというフレームで、「予想したことを下回った結果」を見ていますよね。

 

『失敗は成功の素』、『為せば成る』、『失敗はない、経験があるだけ』、「成功のリソースとは失敗である。それは練習だから・・・』などなど

 

同じ事柄でもポジティブな言葉がけに変えるだけでそれに対する反応をコントロールすることができるのです。あなたもポジティブな考え方にリフレームしてみましょう。

 

起こってしまったことは変えれませんが、それに対する反応はコントロールできるということ。
リフレーミング力をつけて、成功を加速させましょう。

 

NLPには、『失敗はない、結果(フィードバック)があるだけ。』という考え方があります。この言葉が腑に落ちると『失敗』というレッテルや挫折感といったマイナスの感情を持たなくていいんです。人生に失敗はない!こう感じられるだけで、自信をもって行動を起こすことができますね。

 

人生に失敗はありません。早速行動していきましょう。

-マインド
-,

Copyright© シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.