お金に関するお役立ち情報

主婦のへそくり平均額は400万円!?目的に男女差あり?へそくりを貯める方法とは?

投稿日:

コツコツこっそり貯める「へそくり」。あなたは「へそくり」と聞いてどんなイメージを持ちますか?こっそりコツコツ貯めるお金のイメージで金額もそう簡単には貯まらないだろうと感じていたのですが、ある保険会社の調査では、主婦のへそくりの平均が、なんと400万円超!という衝撃の結果がでています。

主婦のへそくりの平均額は400万円超!?ちょっと驚きませんか?

旦那様にもへそくりはあるようですが、旦那の平均額はいくらなんでしょうか。今回は「へそくり」に焦点をあて、へそくりの目的、へそくりを貯める方法まで主婦のへそくり事情をみていきましょう。

主婦のへそくりの平均は?1000万円以上貯めるつわものも!?

少し古いデータになりますが、2010年に損保ジャパンが行った「2010年夏のボーナスと家計の実態調査」では、主婦の、夫に内緒のへそくりが平均364.5万円という驚愕の数字が出ていました。

そしてその後、2015年に第一生命が行った「2015 年夏のボーナスと 家計の実態調査」では、なんと421.1万円という結果に!!

アンケートの中で最も多かった金額は「100万円未満」で28.4%。次いで多かったのは「100~200万円」の21.3%でした。

「1,000万円以上」は何と1割以上の10.7%あり、調査対象となったサラリーマン世帯の主婦の回答の中での最高は、何と5,000万円でした!コレ「へそくり」って言うの??と思ったのは私だけでしょうか。

妻と夫のへそくり理由の男女差が面白い!?

どの年代でも圧倒的に妻のへそくりの方が多く、20代ではほとんど差がないのですが、歳を取るごとに主婦のへそくりの割合は増え、30代、50代では倍以上という結果になっています。

へそくりを始めたキッカケは夫、妻とも自分の為が一番です。

そして順番は違えど「子供や孫のため」や「将来のため」は入ってますが、注目したいのが「配偶者のため」。

夫は5番目にこの「配偶者のため」が入ってますが、妻の場合は「配偶者のため」は圏外です。夫の倍以上のへそくりを夫のためには使わないんですね・・。逆に夫は少ないへそくりの中、妻のためと思ってるってことですね。少し、夫を見直してあげてもいいかもしれませんね。

へそくりを貯める方法は?

差額をへそくり

予算を立てて、余ったら差額をへそくりにする!というのは王道のようですね。予算を多めにとっておくというのも実はポイントかもしれません。

無理なく、じわっと貯まっていきます。

コツコツ500円玉貯金

1番のコツは、とにかく地道にコツコツと貯めること。500円玉貯金は、コツコツお金を貯める代表のイメージが強いですよね。

ところが、元々あまり余裕のない予算取りをしてある我が家の場合だと、500円玉見つけて貯金してるとあっという間に窮屈になってしまった経験があるので、無理なくが継続のコツですね。

500円玉貯金は貯金箱が重くなっていくのが快感と成功者はみんな言ってますね。

つもり貯金

これもよくある貯金法ですね。

通常お金を遣うところを、別の手段などで代用して、浮いたお金を貯金する。バスで行くところを歩いてって、バス代を貯金するとか、ちょっとお茶したつもりでコーヒー代を貯金するとか。

子どもがお弁当を持参するようになってからは、残りのおかずをチャチャッと詰めて、お昼代を浮かして外食したつもりで貯金というのは結構貯まります。

その他

ネット上のポイントサイトやお小遣いサイトでお小遣い稼ぎというのもありですけど、怪しいものもあるので注意してくださいね。

結婚前の蓄えと臨時収入

結婚前からの貯蓄や、親からもらった臨時収入などは夫には内緒というケースが多い気がします。逆に親から2万円もらったとしたら、1万円は「へそくり」に、1万円は親からもらったよ!とアピールしつつ外食を楽しむなど、親の顔を立てつつ、夫も喜ばせつつ、上手にへそくりしているようです。

まとまった金額としてウエイトが高いのは、独身時代からの貯蓄でしょうか。ここも、少しは持ってるよ程度は伝えておいて、全額は教えていない主婦の方は多い気がします。

仕事柄、ライフプランのご相談をしながら、旦那さんが席を立った隙に、「旦那には言ってないけどいくらいくらあるんです・・」というお話は結構多いです。

まとめ

  • 生命保険会社の調査では主婦のへそくりの平均額は421万円!
  • 50代、60代の妻のへそくりが、40代以前に比べ倍近くに跳ね上がります。
  • へそくりのきっかけは、自分のためが夫も妻も第1位。夫のへそくりのきっかけには5番目に配偶者のため、という理由が入るが、妻の場合、この配偶者のためは圏外。
  • へそくりの方法には色々あるが、個人的には500円玉貯金とつもり貯金がオススメ

そもそも「へそくり」が良いか悪いかという問題もありますが、その目的が、将来のため、子どものためである点は夫婦とも考慮すべき点です。

貯めてると思って信用していたら、全く貯金がなかった!なんてことよりずっと微笑ましいですね。

「へそくり」を増やす方法としては、大元の収入を増やす!という考えもあります。夫の収入は急激には増えない時代に突入していますので、在宅でプラスαの収入があれば、「へそくり」もさらに増えるかもしれません。「将来のため」のへそくり収入を考える時代にきているのかもしれません。

-お金に関するお役立ち情報
-

Copyright© シングルマザーFPがアフィリエイトで資産構築 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.